レーシックのエキシマレーザーとは

レーシック手術には「エキシマレーザー」と呼ばれるレーザーを使用します。
熱による角膜の組織変性を起こすことなく、精密な加工が可能です。
眼にレーザーを照射すると聞くと怖いイメージを持つ人が多いかもしれませんが、エキシマレーザーがどのようなものかを知れば、不安も解消されるでしょう。

さまざまなレーザーの機械

普通、レーザーといえば何かを焼き切ったり、強力な力を持っているものというイメージなので、それを眼に当てるとなると怖いと感じるのも無理はありません。
エキシマレーザーはもともと機械加工や半導体製作といった工業用として発明されたものでしたが、それがやがて医療の場で目の手術にも使われるようになりました。
RK手術(レーシック以前に主流だった視力回復手術で「放射状角膜切開手術」のこと)ではメスを入れて手術していましたが、エキシマレーザーの登場により初めてレーザー手術が可能になりました。
エキシマレーザーの発明がレーシック手術を可能にしたとも言えるでしょう。
エキシマレーザーの特徴は、波長が短く、眼にあてても角膜を通過しないということです。
そのため、角膜にある分子を分散するという、手術に必要なことだけを行うことができます。
また、「コールドレーザー」と呼ばれているように、熱を発生しないことも特徴のひとつです。
デリケートな目に余計な負担をかけずに手術を行うことができるのもメリットです。
このように、レーシックにおいてとても重要なエキシマレーザーですが、エキシマレーザーの機械もさまざまあり、その質も異なります。
クリニックで採用している機種は違うので、どのようなものが現在使われているか知識として知っておくとクリニックを選ぶ際の参考になると思います。
現在厚生労働省、もしくはFDAに認可されているレーザーメーカーは以下のようなものがあります。

「NIDEK社」

「NIDEK社」は国内唯一のエキシマレーザーメーカーで、スリットスキャン方式を採用。
点ではなく面で削るというようなイメージです。

「VISX社」

「VISX社」は世界シェアナンバー1で、Wavefrontが米国FDAにも認可されています。
従来の一括照射とスキャン照射を組み合わせています。

「Bausch&Lomb社」

「Bausch&Lomb社」はコンタクトレンズで有名なボシュロムで、フライングスポット方式を採用したレーザー装置です。
フライングスポットは点で削るイメージです。


良いクリニックなら最新の機器を持っており、より精度の高いエキシマレーザーを当てることができます。
基礎知識を得た上で、病院を選ぶ参考に役立てると良いでしょう。