レーシックの適正年齢

レーシックを受けるのに年齢制限はあるのでしょうか?クリニックによっても若干年齢設定に違いがありますが、基本的には20歳から60歳くらいまでの成人がレーシックを受けられる年齢となっています。

18歳以上の未成年でも保護者の同意を得られれば手術を受けることが可能になる場合もあります。
ただし、18歳未満の人は、保護者の同意があっても原則的に手術を受けることはできません。

レーシック手術を受けられる条件

レーシック年齢において、20歳というのが一般的な目安の年齢になっているのは、その頃になると視力が安定すると考えられているからです。

18歳未満の場合、眼が成長期の途中にあるため、
視力が安定していない可能性があり、たとえ手術を受けて視力が一時的に回復したとしても、その後の眼の成長によっては再び近視が進行してしまうという恐れもあるからです。

このため、眼の成長に伴う近視のリスクが少なくなってきた20歳以降、
あるいは18歳以降がレーシック手術を受けられる下限のボーダーラインとされています。

逆にいえば、20歳に達していても視力が安定していない場合にはレーシックを受けられないこともあります。

また、レーシック年齢に達していたとしても、1年以内にコンタクトレンズやメガネの度を調整した場合には、レーシックが受けられないこともあります。
レーシックは近視の戻りなどの副作用の可能性があり、視力が安定していることが必要条件であるためです。
レーシック年齢の上限は、原則としてはありません。

しかし60歳以下が推奨されているのは、60歳を境にして白内障などの症状が出てくる可能性が高まるからです。
白内障は眼の老化などによって発症する病気で、白内障にかかっているとレーシックを受けても十分な効果が得られない可能性が高いため、手術そのものが受けられない場合があります。

そのため、白内障が出やすくなる60歳以降はレーシックの適用年齢外とされることが多いのですが、たとえ60歳以降でも白内障の症状が見られず、眼の状態が健康であれば、レーシックを受けることは可能です。
これは術前の適正検査によって判明するので、クリニックでの適正検査で診断してもらうことをおすすめします。