レーシック手術の種類

現在、「レーシック」という言葉は、エキシマレーザーを角膜に照射し、近視、乱視、遠視を矯正する手術の総称として使用されていますが、その術式は一つではなく、いろいろな方法があります。
近視矯正手術の代名詞となった「レーシック」、レーシックの進化系であり、現在の主流となっている「イントラレーシック」、また「エピレーシック」や「LASEK」など、通常のレーシックが適応しない人や、激しい運動をする人向けの近視矯正手術もあります。
生活習慣や角膜の状態によって、それぞれに適している手術方法が異なります。
まずは適正検査を受け、専門医の診断をもとに自分に最適な手術方法を見つけましょう。
以下にレーシックの種類ごとにその方法と特徴について触れておきます。

iLASIK(アイレーシック)

「iLASIK(アイレーシック)」は、最新のオーダーメイド式レーシックです。
アメリカでは国防省が戦闘機パイロットに、またNASAも宇宙飛行士に承認している唯一のレーシック方法です。

レーシックよりさらに精密で、ひとりひとりの目に合わせた
オーダーメイドのレーザー照射を行うので、レーシックでは矯正できない
微細な光のゆがみ(高次収差)を取り除くことができます。

さらに、見え方の質が通常のレーシックよりも上で、より綺麗に見えることと、
夜間のハロー、グレア、スターバーストなどの副作用や合併症を最小限に抑えるようにプログラムが組まれているのが最大の特徴です。

フラップを作成するのに、イントラレースレーザーを使用して、
VISX S4 IRエキシマレーザーによりカスタムレーシック
(ウェーブフロントレーシック)をおこなうレーシックのみを
アイレーシックと呼んでいます。

Intra LASIK(イントラレーシック)

「Intra LASIK(イントラレーシック)」は、比較的新しいレーシックの方法で、アイレーシックの基本となる術式です。
エキシマレーザーを角膜に照射して、近視・遠視・乱視を矯正し、視力を回復させる点は従来のレーシックと同じですが、フラップをイントラレースレーザーで作成する点が違います。
通常のレーシックで使用するマイクロケラトームでのフラップ作成にはブレード(刃)を使用しますが、イントラレーシックではレーザーでフラップを作成するため、安全性がより高くなっています。

レーシック

「レーシック」は、従来からの一般的な屈折矯正手術方法です。
エキシマレーザーを角膜に照射して近視・遠視・乱視を矯正し、視力を回復させます。
マイクロケラトームという金属製のカンナのような医療器具を使用してフラップを作成します。
レーザーでフラップを作成するイントラレーシックに比べると角膜の厚みが必要なため、手術が不可能な人もいます。
痛みが少なく回復が早いのが特徴です。

エピレーシック

「エピレーシック」は、エピケラトームという特殊な機器でごく薄いフラップを作ることができるので、角膜が薄く、レーシックに不適応だった人に向いています。
また、角膜上層部は細胞が再生するため、激しい運動をする人に向いています。