レーシックの初診検査

レーシック手術を受ける前に、まず初診ではいろいろな検査が行われます。
現在の視力状況、近視度数、乱視度数などを確認し、手術後の副作用、合併症、その他手術によって起こり得る可能性のあることについて専門医から説明を受けます。
検査後の診察では、手術する場合の角膜切除量、最適な術式の違いや最適手法の提案、用いるレーシック用の器具、手術後のアドバイスなど、細かい診察や説明が行われるので、この時点で疑問や不安に思うことがある場合は質問、相談しておくと良いでしょう。


初診で行われる検査の概要は、レーシックを受ける眼科によって多少の違いはあるものの、ほぼ次のような検査になります

「角膜屈折検査」

「角膜屈折検査」では、角膜の屈折率を図る検査で、近視、遠視、乱視などがどの程度であるか、角膜のカーブ状態を確認します。
角膜のカーブ(角膜局率半径)と乱視の程度は「オートケラトメータ」で計測します。
屈折値の測定、角膜径・瞳孔径の測定、瞳孔間距離測定、角膜局率半径の測定などが行われます。

「角膜形状解析」

「角膜形状解析」では、TMS(角膜形状屈折力解析装置)を使って角膜の形を計測します。
角膜の形状や屈折力を把握することができ、角膜の乱視の有無や特徴などを詳しく調べます。

「角膜内皮細胞撮影」

「角膜内皮細胞撮影」では、角膜の細胞の数やその配列を検査して調べます。
同時に角膜の厚さも計測します。

「眼圧検査」

「眼圧検査」では、「ノンコンタクトトノメーター」により眼の硬さを計測します。
空気を吹き付けて測定することで角膜に触れずに眼圧を計測することができます。

「視力検査」

「視力検査」では、レーシックの手術前に重要な正確な視力を計測します。
これはレーシック前のとても重要な検査です。

「角膜形状画像解析」

「角膜形状画像解析」では、眼の屈折状態の測定と角膜形状の解析を「OPDスキャン」で行います。
OPDスキャンは従来の機器よりも眼の形状の変化をさらに精密に測定できるようになりました。

「スリットスキャン式角膜形状解析」

「スリットスキャン式角膜形状解析」では、角膜の前後面の形状表示、解析を「ORBスキャン」によって行います。
角膜の前面、後面ならびに角膜厚の分布等に関する情報を検出できます。

「コントラストグレアテスト」

近年一部で発生した感染症などを受けて、各クリニックでは力を入れて感染症対策を行っています。
心配な場合は、事前に感染症対についても質問しておくと安心して手術を受けられるでしょう。

「散瞳後屈折度検査」

「散瞳後屈折度検査」では、「オートレフケラトメーター」で近視、遠視、乱視がどの程度あるのか、角膜のカーブの状態をみます。

「波面収差検査」

「波面収差検査」では、「ウェーブフロントアナライザー」で、レンズで矯正できない微妙な眼の歪みを検出します。

「角膜厚測定」

「角膜厚測定」では、超音波で角膜の接触検査を行います。


このような検査が初診で行われ、質疑応答が行われます。
その後、専門医による診察に入ります。
初診検査にかかる時間は、質疑応答の時間も含めて約3時間前後と見ておくと良いでしょう。
大切な眼の手術を任せるのですから、事前にきちんと検査を受け、疑問や不安も医師に相談しておくと安心して手術が受けられます。