レーシックの安全性

最新の技術で裸眼の視力が回復できるレーシックは、とても魅力的だが、いざ手術を受けるとなると不安だという人も多いでしょう。

失明の心配はないのか?感染症にかかったりしないのか?など心配される人もまだまだ多いです。
しかしレーシックは安全性のきわめて高い手術です。
正しい知識を得ることで、安全性を理解し、不安も解消されるでしょう。

失明の可能性はゼロに等しい

レーシックは角膜の表面にのみ施す手術であり、眼球内部に触れることはありません。
医療論理上、失明の可能性はゼロに等しいと言っても良いでしょう。
レーシックに用いられるエキシマレーザーは波長が非常に短いため、一瞬で角膜の組織を蒸発させることができます。
その過程で熱を発することがないため、生体組織に負担をかけず、やけどを負う心配もなく安全です。
アメリカにおいては、レーシックの年間症例数が130万件を超えています。
FDA(米国食品医薬品局、日本の厚生労働省)が1995年にエキシマレーザー治療による矯正手術を認可したことで急速は発展を遂げました。
日本国内では、2000年1月に現厚生労働省がエキシマレーザーによる矯正手術を認可し、その安全性が確認されました。
アメリカに比べ、症例数はなかなか伸びていませんでしたが、近年社会的な認知度が高まるにつれ、プロのスポーツ選手や各界の著名人など、多くの人がレーシックを受けるようになり、その影響でさらに認知度が高まって、手術が身近なものになってきています。

最新のアイレーシック

最近はアイレーシックという最新の技術も開発され、これはアメリカ航空宇宙局(NASA)でも認められているほど安全性の高い手術です。
レーシック手術で失明してしまったという実例はありません。
さらに、最新の手術器具はさらに安全性が向上しています。
アイトラッキング・システムという眼球の動きを補正して正確にレーザーを照射することができるシステムが導入されており、正確性の非常に高いレーザー照射を行うことが可能になりました。
これにより、非常に精度の高い手術を実現しています。
また、多くの人が心配される感染症ですが、各クリニックでは徹底した安全管理が行われています。
近年一部で発生した感染症などを受けて、各クリニックでは力を入れて感染症対策を行っています。
心配な場合は、事前に感染症対策などについても質問しておくと安心して手術を受けられるでしょう。