レーシックで回復する視力は?

レーシック手術を受ければ裸眼で過ごせるようになると言っても、いったいどれくらいまで視力が回復するのか、疑問に思っている人も多いと思います。
レーシックによる視力回復は個人差があり、個々のケースによって異なりますが、日常生活を裸眼で行う程度には視力回復します。

約9割以上の患者が1.0以上というデータ

一般的に視力0.7以上であれば日常生活を裸眼で過ごすことが可能であると言われています。
レーシックではその0.7以上に回復するように視力調整を行うので、裸眼で過ごせるようになることは保証されます。
手術後の経過にもよりますが、レーシックは目の検査をして個人に合わせた視力調整を行います。
検査の結果治療が可能であると判断されたならば、一定の視力回復を見込むことができます。
視力0.1以下の人が手術を受けても、視力1.5まで回復したケースもあることから、ほぼ受けた人は全て日常生活を裸眼で過ごせる程度に回復すると言えるでしょう。
レーシック手術を受けると、約9割以上の患者が1.0以上まで視力が回復したというデータもあり、その効果の高さを改めて実感します。
極度の近視の場合は1.0以上に満たない場合もありますが、軽度の近視の場合は、100%近い確率で1.0以上まで回復します。

角膜の削減量

この差は、レーシック手術における角膜の削減量によるものです。
軽度の近視であれば、レーザーによって削る角膜の量はごく少量で済みますが、近視の度合いが強い場合は角膜の削減量はどんどん増えていきます。
角膜の中央部の厚みには個人差がありますが、術後に残さなければならない量は決まっています。
もともと薄い人は多く削ることができないため、このような人も大幅な視力回復はできない場合があります。
また、極度の近視の人が1.0以上の回復を見込む場合は、角膜削減量に対して角膜の厚さが足りないことになるため、大幅な視力回復には至らない場合もあります。
まずは手術前の適応検査を受け、その結果によって医師から手術の説明と、手術によって得られる視力回復の可能性についての話があるので、望むような視力まで回復可能か、この段階できちんと確認しておくことをおすすめします。
現在はイントラレーシックの普及により、ごく薄い角膜カットが実現可能となったため、以前よりさらに視力回復率が向上しました。
適応検査の時点で門前払いになるようなことは少なくなってきたので、強度の近視の人でも裸眼で運転可能な0.7以上まで回復できる可能性は高くなっています。