レーシックに保険は適用されるの?

眼が悪い人にとって、眼鏡やコンタクトレンズを使わない生活は憧れです。
コンタクトレンズは手入れも大変でお金もかかります。
不便なだけでなく、結構コストもかかり経済的にも負担です。
こうしたコストを考えると、1回のレーシックで視力回復し、裸眼の生活に戻れるのはとても魅力的です。
しかし、気になるのが手術の費用です。

手術費用は?

レーシックの手術費用は病院により違いがありますが、片目の場合なら5万~20万円弱、両目の場合なら10万~40万円と病院によっても異なります。
普通の病気であれば、公的保険が適用されるので負担は少なくて済みますが、このレーシック手術には残念ながら公的保険は適用されません。
レーシックは健康保険の適用されない自由診療の視力矯正であるため、手術費用は全額自己負担となってしまいます。
また、自由診療であるということから、医院やクリニックごとに様々な料金設定がされています。
しかし、一部の民間の生命保険や医療保険などには、レーシック手術を保証している保険もあります。
高額なイメージの強いレーシックですが、このように民間の保険の中には手術給付金の支払い対象になっている保険もあるので、そういった保険に加入している場合は給付金を受け取り、負担を軽くすることが可能です。

手術給付金や割引サービス

レーシックは基本的に日帰り手術なので、日帰り手術が給付金に対応している必要がありますが、給付金が受けられる場合には5万円~10万円ほどの給付金を受けることが可能です。
現在では、レーシックの普及に伴い、レーシックが手術給付金の対象になっている保険は比較的多くなってきています。
現在加入している生命保険、医療保険がレーシックを手術給付金の対象にしている場合には、保険を利用することが可能であるため、手術前には必ず加入している生命保険、医療保険の確認を行いましょう。
また、保険以外にもレーシック手術を格安で受けることができる方法はあります。
レーシック手術を行うクリニックでは、顧客獲得のためにさまざまな割引サービスを行っている場合があります。
知人からの紹介で手術を受ける場合は「紹介者割引・被紹介者割引」が適用されることもあります。
また、遠方からの利用者には「遠方者割引」、インターネットで配布している「割引クーポン券」などもあるので、このようなサービスがあるかどうかチェックしておくと、手術費用の負担を少なくすることも可能です。