レーシックの遠視手術

レーシックといえば近視を矯正する手術だと思っている人も多いですが、
遠視の手術も珍しくはありません。
遠視は近視の反対で、網膜を通り越してピントが合ってしまうという症状です。

生まれたばかりの赤ちゃんはみんな遠視の状態で、
成長と共に眼球のサイズが大きくなっていくため、正常に見えるようになってきます。

しかし、眼球のサイズが大きくならないことが原因で、
内斜視や弱視になってしまう人もいます。
内斜視には遠視レーシック治療が効果的であると言われています。

しかし、成長段階にある子供は視力が安定するまでは遠視レーシックを受けることはできません。
内斜視の子供はメガネやコンタクトレンズを使用して、成人したらレーシック遠視手術を受けるという方法もあります。

若い世代でレーシック遠視手術を受ける人はそれほど多くはありません。
問題になってくるのは40代後半の場合です。
遠視が40代後半まで残ってしまっている人や、老眼になって近くのものがほとんど見えないという状態の人は、遠視レーシック手術が適しています。
レーシック遠視で視力を矯正すると、日常生活の不便さがなくなり快適に過ごせるようになります。
遠視と老眼はもともとは別のものですが、遠視の人は若いうちから老眼であることを認識しているようです。

レーシック遠視と老眼の治療方法は別々で、レーシック遠視に適しているのは遠くよりも近くが見えるようになりたいという人です。
手術の方法は近視の場合とさほど大きな違いはありません。
フラップを作成し、レーザーを照射します。
レーシック遠視の場合には、近視手術の時とは照射パターンを変え、屈折率を変えるという方法になります。

軽度の遠視の人などは、40代後半から突然メガネやコンタクトレンズを使用する生活になってしまう場合がありますが、今まで使用していなかったメガネやコンタクトレンズを使用するのはとても煩わしく感じるものです。

また、肩こりや偏頭痛を引き起こす原因になる場合もあり、このような人にはレーシックによる視力矯正を行うことをおすすめします。
遠視を矯正すると、物理的な煩わしさも解消され、それに伴う身体的苦痛も改善されることが多いです。