レーシックの副作用

レーシックは裸眼での視力を1.0~2.0にまで回復することができる大変嬉しい手術です。
専門医のもとで適切な治療が行われば、レーザー医療の中でも安全性が確立された手術です。
しかし、患者の体質や術後の生活習慣などによっては結果が100%の確立で得られるとは限りません。
レーシックの手術前に医師に副作用や合併症について説明を受け、しっかり確認しておくことが大切です。
一般的な副作用、合併症は次のようなものがあります。

「ハロ」

「ハロ」は治療後、夜間に見えにくさを感じたり、光の周囲がぼんやりとして霧がかかったように見える状態のことです。
レーシックの合併症のひとつですが、長くても3ヶ月程度で軽減します。
やや症状が残る場合もありますが、日常生活に支障をきたすことはありません。
しかし、車の運転などに支障を感じる場合には、運転を控えることも必要です。

「ドライアイ」

「ドライアイ」は眼球の表面を覆う涙液(涙の量)の不足などによって目が乾き、症状としては眼精疲労、かすみ目、白目の充血、不快感、まばたきの増加などとしてあらわれます。
これもレーシックの合併症のひとつです。
悪化した場合は角膜炎円が起こり、一時的に乱視が発生する場合もあります。
重度の場合は、涙成分の油性の点眼薬、自己血清の点眼薬で治ります。
通常は1ヶ月程度で徐々に回復します。

「コントラストの低下」

「コントラストの低下」はフラップの状態によって起こる副作用で、わずかな色の濃淡による差がわかりにくくなり、見えにくくなる状態になります。
レーシック手術後、暗い夜道を運転する際に、人影などがわかりにくくなるなど、支障をきたす場合があるので、そのような場合は医師に相談しましょう。

「視力の日内変動」

「視力の日内変動」は、レーシック手術の副作用で、1日のうちで視力が変化することがあります。
レーシックは角膜を薄く切除するため、角膜は必ず薄くなってしまいます。
角膜の形は眼圧によって保持されていますが、眼圧は1日の中で変化するため、それに伴って視力も変化します。
特に強度の近視の手術を行った場合は、角膜の切除量が大きいので、この副作用が現れます。

「夜間視力の低下」

「夜間視力の低下」は角膜を削ることによっておこる夜間性近視で、レーザー屈折矯正手術に起こる副作用のひとつです。
ほとんどの人は自覚をしていませんが、長時間ハードコンタクトを使用していた人や瞳孔が大きく開く人は自覚することがあります。

「グレア」

「グレア」はレーシックの合併症のひとつで、光が極端にまぶしくなる現象です。
角膜が混濁することで光が散乱し、像が見えにくくなります。

「ヘイズ」

「ヘイズ」は角膜が混濁している状態です。
ハロと同じように見える減少で、コントラストの低下によって全体的に白っぽく見えるようになる合併症です。
軽減までに半年程度かかると言われています。

「サハラ砂漠症候群」

「サハラ砂漠症候群」はフラップ面に原因不明の斑点や砂状の混濁が出来る現象のことです。
発生率は極めて低いですが、一度起こるとなかなか治らないと言われています。
また、遠視や不正乱視を引き起こす可能性もあります。
しかし、イントラレーシック(アメリカINTRALASE社製イントラレースFSレーザーを用いて、コンピュータ制御によってフラップを精密に作成する手術)であればこの減少は皆無に近いと言われています。

「乱視」

「乱視」はレーザー治療において、手術中に患者が固定灯を見ないで眼がキョロキョロした場合にズレが生じ、それが原因でおこる症状です。
最近のエキシマレーザーでは、トラッキングシステムという追尾システムがあり、眼がキョロキョロした場合でもほぼ完璧にレーザーが照射されるので、あまり心配はありません。


このような副作用や合併症が考えられますが、術後に適切な治療を行えば治るものがほとんどです。
事前に正しい知識を得ておくことで不安も軽減し、医師との相談でさらに安心してレーシック手術に臨むことができるので、手術前に専門医からよく説明を聞いておくことをおすすめします。