レーシック手術の流れ

レーシック手術自体は15分程度で終わるシンプルなものです。
しかし、その手術前後の期間も含めての全体の流れを見てみると、それ相応の準備期間や術後のケア期間が必要になります。
以下に、レーシック手術を受けようとクリニックを訪れた時から、手術完了後のケアまでの流れについて、簡単に紹介してみましょう。

カウンセリング

まず、クリニックを訪れると医師からカウンセリングを受けます。
現在の視力や眼の健康状態、またどのくらいの視力回復を望んでいるのか等、基本的な項目に沿って質疑応答が行われます。

適性検査

カウンセリングが終わり、レーシック手術を受けることが決まると、眼がレーシックを受けられる状態にあるかどうかを見極める適性検査が行われます。
レーシックでは角膜をレーザーで削って視力矯正するため、ある程度の角膜の厚みが必要になります。
角膜が薄すぎる人や、目に疾患を持っている人はこの時点で手術を断られる場合もあります。

準備期間

適性検査を終え、レーシックの施術日が決定したら、数日前から準備期間に入ります。
施術前の数日間はコンタクトレンズをはずすように指示されます。
これはコンタクトレンズによって癖がついている角膜の状態を元に戻すためです。
また、眼を清潔な状態に保つために、保護用の眼鏡を装着することもあります。
レーシック手術で満足のいく結果を得るために、準備期間に医師から指示されたことはきちんと守るようにしましょう。

いよいよレーシック手術

準備期間を終えたらいよいよレーシック手術となります。
まず、手術前の検査を行ってから手術室に入ります。
手術の流れはレーシックの種類によって違いますが、最も普及しているイントラレーシックを例に上げると次のような流れになります。
1. 眼を洗浄し、点眼タイプの麻酔薬で局所麻酔をかける。
2. 開瞼器を使ってまぶたを開いて固定し、イントラレーザーでフラップを作成する。
3. 作成したフラップをめくり、角膜にエキシマレーザーを照射する。
平坦に削って屈折率を調整する。
4. 余分な水分や異物などを洗浄して除去し、その後消毒してからフラップを元通りかぶせる。
5. 施術完了。
フラップは自然に癒着する。
フラップの作成に使用する器具は手術の方法によって異なりますが、基本的な流れはさほど変わりません。

手術後

手術が無事終わると、しばらくの間クリニックで休み、検診を受けて異常がなければその日のうちに帰宅できます。
手術翌日は術後の経過を確認するため必ず検診を受けます。
その後も1ヶ月後くらいに再び検診を受けます。
炎症を抑える点眼薬を使用し、視力が安定するまでは激しい運動を避けるなどの配慮が必要となります。